歴代カメラ

スマホでそこそこ撮れちゃう時代の、カメラについて。

そうは言うもののこれまで買ったカメラはたいして多くはないので、いろいろ触ってきた経験から書いているものではありません。ただ、仕事柄、撮影をする機会、画質へのこだわりはあるほうなので、そのあたりの話が中心になっている。

かつて、フィルムの一眼レフカメラを持っていた。Nikonの一眼入門機「U2」。

写真に興味がわいてちゃんと調べてから買った最初のカメラ。今では考えられないフィルム装填の面倒さ、現像とプリントにかかるコスト。それでもポジで撮影して、現像して、ライトボックスを通して、ルーペで覗き込んで「一眼ってやっぱきれいワ~」となっていたのを思い出す。レンズ交換をすることで撮れる絵の違いがわかり出したのもこれだった。

その頃、世は徐々にデジタルカメラの時代へ移りはじめていた。フィルム要らず、液晶ディスプレイの便利さに憧れを持ち始めて、Nikonの「CoolPix P5100」を買った。やはりその場で結果を確認できるというのが革新的と思っていて、液晶ディスプレイのきれいさ(画素数や明るさ)について、店頭であれこれ触ってみてこれに決めたんだったと思う。

「P5100」はいわゆるコンデジですからレンズ交換はできない。どうして一眼レフにしなかったのか? あまりよく覚えてないが、ゴツくて重い一眼を持ち歩くより、コンパクトさを重視したのだと思う。身体も思考もアクティブだったんだろう。結果的に「写メ以上、一眼レフ未満」という画質で。それはそれでたくさん写真を撮った。

記憶が曖昧で、確かその頃だったと思うが、「iPhone4」を持った。これはカメラ目的としてではなく、電話やデジタルツールを使うための道具として、「これからの時代の生活必需品」みたいな感覚で持ったのだ。ところがこれに付いているカメラがなんとも気が利いている。基本、電話なのでいつでも持っているし、そこそこ取り出しやすい位置(服やカバンのポケットなど)に携帯しているもので、生活とカメラがスゴく近づいた感があった。

一眼レフにしても、コンデジにしても、それらは「今日は写真撮るから持っていく!」という決意とともにある道具だったのだが、スマホはいつでも持っている。そんなアイテムにそこそこ綺麗に撮れるカメラがついてきたわけだ。さらに撮った写真はそのまま(当時は)メールで送ったりもできた。
まあ、振り返ってみるとスマホ以前のいわゆるケータイ電話にもカメラはついていたし、写真コンシャスな人たちはケータイでも写真を気軽に撮っていた。

ただ、撮った写真を高詳細なディスプレイで鑑賞できるのは、スマホならでは。ドットの大きいケータイからの進化という点において、感動の幅が大きかったように思う。指で動かす操作の斬新さも相まっていたのかもしれない。

スマホでの写真ライフに慣れてくると願望はまた原点回帰するもので、スマホでは撮れない画質やら、ファインダーを覗く撮影スタイルに再び関心が湧いてきたのだ。「餅は餅屋」という新しいことわざを覚えるまでに至り、「ちゃんとしたカメラが欲しい」という考えになっていった。

さてその頃は、ミラーレス一眼が出始めた頃。「一眼レフカメラのように大きくなくて、でもレンズ交換もできて。画質もがんばっている」的な位置づけで謳われていたように思う。その時に買ったのが「OLYMPUS PEN E-PL2」。ミラーレスは、一眼レフとコンデジの間に入ってきたようなイメージの規格だったように思うが、Macのモニターで大きく拡大して見たときのその高画質に感動したものだ。パンケーキレンズを付けたミラーレスはコンパクトな佇まいにまとまり、これを機にミラーレス(マイクロフォーサーズ規格)がいたく気に入ってしまった。単焦点レンズや広角レンズなどひと通り揃えた。

「PEN E-PL2」は自分史上、もっとも遊んだカメラであり、写真の奥深さを覚えたカメラとなったのだ。

それからというもの。ちゃんと撮りたい日は「PEN E-PL2」。気合い入ってないときは「iPhone」。この使い分けは2018年までの約5年間にかけて、写真撮影における標準のスタイルとして安定した。

そんな「E-PL2」の弱点。というか、出始めのミラーレス全般の悩みだと聞くのだが、「AF(オートフォーカス)がとにかく遅い」というのがある。止まっている被写体は手ぶれに気をつければ文句なく綺麗に撮れる。ただ動き回る子供や動物などをドンピシャで撮るのはかなりの技術が必要だった。レンズの明るさとかそういうのではなく、ピントを探しきれないことと、フォーカスするまでが遅いということ。
「動体への対応力が著しく弱い」のが不満になってきたのだ。

そして「OLYMPUS PEN-F」ボディ単品を買った。

「OM-D」やパナソニックの「G8」も少し迷ったが、決め手はコンパクトさとデザインだった。
「PEN-F」はやや重いけど、レンズを除くボディだけで言えばでこぼこが少なくフラットで自分の持ってる普段のバッグならどれでも難なく入れることができそうと思った。

レンズは黒とシルバーを半々ぐらいで持っているので、どっちにも合わせられるように、ボディはシルバーを選んだ。

2ヶ月くらいだが、使用感は以下のとおり。※「E-PL2」との比較

「PEN-F」の良かったところ
・もっとも期待していた「AF」は格段に正確さが増し、そして高速になった。
・顔認証が賢いので、おまかせモード時の撮り逃しが激減した。
・ファインダーが内臓されている。
・主観でしかないですが、見た目がかっこ良い。
・地味ですが、バッテリーを入れる向きなどがわかりやすくなった。

「PEN-F」のイマイチなところ
・グリップ感が弱い。付けているレンズにもよるが、右手だけでのホールドはしにくいです。左手をボディの下に添える感じでちょうどです。(これは「E-PL2」のほうが握りやすい)
・値段がやや高い。

正直、悪いところはそんなにないかなと思っている。

それより、一番感動しているのは「人」を撮るとき。顔認証が偉大すぎて、顔面くっきり、背景ふんわりな写真が、ほぼ失敗なく撮れる。

iPhoneのカメラもキレイだ。撮ったデータもクラウドに上がって管理もラクラク。プリントせずにスマホで見るだけ、SNSにあげるだけなら、撮影から加工まで一台で完結する。スマホは非常に省エネで使い勝手がいい。

でも勝負どころではカメラだと思うのだ。例えば、Rawで撮影して、フォトショップでいじくり倒したり、なにか大きなサイズでプリントしたいなんていう目的があれば、断然、デジタルカメラがいい。

自己満足という部分も多分にあるが、まあ、表現なんていうものは自分が納得できるかどうか。これだけでいい。

タイトルとURLをコピーしました