走るモチベーションを保つ

日々の達成感を得るために記録をとる

「今日は5キロも走れた。次は6キロを目指そう!」
「いつものコースを今日は1時間きったぞ!」

といったように、数字が見えると達成感を得られやすいです。努力が数字に表れることは例えば学校のテスト、社会人なら給与のベースアップなども同じ感じかもしれません。がんばった分だけ数字に表れる。数字はウソをつかない。

そこで、がんばって走った距離や時間を簡単に記録する方法としてスマホアプリを使うのがおススメです。簡単というところが大事。

ランニングの記録に特化したアプリ「NIKE RUN CLUB」

「NIKE RUN CLUB」アプリは走った距離、時間、ルートをGPS機能を使ってスマホやパソコンに記録してくれます。記録したスコアをSNSでシェアしたり、一定の記録を達成するとメダルやトロフィーがもらえたり。続けるほどいろいろなご褒美的なリアクションがあり使うのが楽しくなる工夫がされています。

「使いたい=走りたい」という勝利の方程式ができあがる。

スマホやスマートウォッチで使う

「NIKE RUN CLUB」のApple製品における使い方はふたつ。

ひとつは、iPhoneにアプリを入れて、iPhoneを持って走る方法。

ふたつめは、GPS機能がついたモデルのAppleWatchを身につけて走る方法。

僕は残念ながら初代AppleWatch(GPS機能なし)しか持っていないのでAppleWatch単独で使うことはできず、iPhoneを利用しています。

※本当は古いAppleWatch(GPS機能なし)単体でも記録は取れるのですが、距離の測定に正確さが出ないというデメリットがあるため、個人的にはあまり好ましく思いません。AppleWatchだけで走りに行けたらすごく身軽なので、それだけのために新型AppleWatchが欲しいところです。

iPhoneでの使い方は簡単

基本となる「走った距離と時間とルートの記録をとる」方法。
アプリを起動して「クイックスタート」の画面で「START」を押す。

あとは走る。信号などで完全に立ち止まると記録が止まりますが、また走り出すと記録が再開されます。1kmごとにタイムを読み上げてくれます。イヤホンをしてるとしっかり聞き取れてペースの参考になります。気の済むまで走ったら、スマホを取り出し「STOP」を押す。

すると、走ったルートが地図上でグラフィカルに描かれます。こういうのはGPSの成せる技。走行距離とタイムとルートが表示されます。2回目以降は総走行距離が積算されていきます。

僕も気づけばまもなく900km!これは1,000km目指してがんばるしかない。

「はじめての5kmラン」や「誕生日に走ったバースデーラン」など、ことあるごとに「トロフィー」がもらえます。コンプはなかなか難しそうですが楽しいです。

SNSでアピール

走ったあとは、その記録を「NIKE RUN CLUB」アプリ上からSNSに発信できます。

この時にも遊び要素がたくさんあって、例えばカメラロールに保存した写真に、距離やコースのスタンプを貼って、画像付きでポストすることができます。Instagramにあげる人が多いようで、「#ランニング」や「#朝ラン」などのハッシュタグをつけておくと、見知らぬランナーさんから「いいね!」をつけてもらったり。

こうしたこともモチベーションの持続に効果的です。

楽しみながら走って、健康管理やダイエットに

以上が基本的なランニングの記録の取り方。「NIKE RUN CLUB」には他にもバーチャルのトレーナーがついて課題を出してきたり、ラップタイムを記録するモードなどもついていて、よりストイックなランナーさんに評価されるポイントも備えています。また、SNSを通して友達と競い合ったりする機能もあります。

僕はまだまだエンジョイランナーなので、ひとり、日々の記録が伸びていくことに楽しみを見つけています。あとは、走り終わった後のSNS用にインスタ映えするスポットを探しながら走るのも楽しみのひとつとなりました。

季節感を感じながら楽しく続けていくためにこうしたアプリの力を借りるのはモチベーションの維持につながります。

Nike Run Club

Nike Run Club

Nike, Inc無料posted withアプリーチ

スマホを携帯するためのオススメアイテム

スマホを手に持って走るわけにもいかないので、ポーチやアームバンドなどがあればランニングに集中できます。各メーカーがいろんなアイテムを出していますが、いろいろ試してみての僕のオススメは「FlipBelt(フリップベルト)」のような薄くて体に密着するタイプのポーチ。ウェストに着けるのですが、平べったいスマホがお腹もしくは腰にフィットして、ゆっさゆっさなりにくい。服の上に密着するので、汗がつく心配も低い。スマホと鍵、イヤホンくらいならこのくらいの容量でじゅうぶん。サイズやカラバリもいろいろあって男女問わず選べるのも魅力的。

 
タイトルとURLをコピーしました