AppleMusicで好みの音楽探し

定額制音楽配信サービスはいろいろあるようだが、僕はAppleMusicで音楽を聴いている。値段のわりにこれがなかなか便利がいい。

「AppleMusic」の特徴

iPhoneユーザーならAppleIDで簡単に始められる

「Amazon」「Spotify」「LINE」など、定額制音楽配信サービスはいくつかある。もし僕がアンドロイドユーザーだったら、各社のサービスを吟味して、どれかを選んでいたかもしれない。

しかし、iPhoneユーザーなら、AppleIDですぐにAppleMusicを利用できる。IDに登録しているクレジットカードで引き落としも一本化できる。各社ごとのサービスの違いもそれほど大きなものではなさそうだったので、深く考えずにAppleMusicにした。

AppleMusicは、月額980円で5,000万曲を聴き放題。

AppleMusicはいろいろな音楽に出会える

「知らなかったミュージシャンに出会える」これが最大の魅力ではないかと思う。曜日ごと、ジャンルごと、あるいはこちらの趣向に合わせて、いろいろなプレイリストを提案してくれる。

後述しているが、最近あるきっかけでクラフトワークというドイツのミュージシャンの曲を聴くようになった。そうするとこのようなオススメのプレイリストを提案してくれるのだ。

「クラフトワークに影響をうけたサウンド」というタイトルで、該当するミュージシャンとその曲がリストアップされる。こうしてどんどん自分の好みに合った音楽が広がっていき、これだけでも月額の元が取れる感覚になっていく。

定額じゃない場合、サンプルで視聴して、良さそうなら購入するのだが、アルバム1枚を買うと月額分以上になることがほとんど。フルで聴いてみるとあまり好みではなかったということも多々ある。

月額料金内で5,000万曲、全部聴ける。

聴き放題サービスだからできる楽しみ方

昔の曲を、思い出したように急に聴く

映画のサントラなどが多いが、久しぶりにあの曲を聴きたいなと思ったときにサクッと再生できる。「トップガン」や「グーニーズ」を急に聴きたくなってもだいじょうぶ。

フレーズを聴いて気になった曲を、探して聴く

テレビCMなどでかかったいい感じの音楽。ネット検索すれば曲名はすぐに探せる。曲名がわかればAppleMusic内でみつけてすぐに聴ける。その曲を起点に、似た感じの曲探しに出ていけるのが楽しい。

JOJOのスタンド名になっているミュージシャンを聴く

「エアロスミス」「クラフトワーク」「キングクリムゾン」など。現在、深夜アニメでジョジョの奇妙な冒険(第5部)が盛り上がっているのだが、スタンド能力はよく知っていても、スタンド名の由来元のミュージシャンにはあまり詳しくない。そんな人は片っ端からスタンド名で検索してみてはいかがでしょうか。クラフトワークはこの流れから聴き始めたミュージシャン。

聴けないミュージシャンに注意

2018年現在、例えば「ビーズ」「ミスチル」「パフューム」などは、AppleMusicに登録されていない。従来どおり、iTunesStoreでアルバムや曲をそれぞれの価格でダウンロード購入することはできるのだが、AppleMusicに申し込んだからといって、聴き放題の対象になるわけではない。

好きなミュージシャンを聴きまくりたい場合は、そのミュージシャンが登録されているかどうかをあらかじめ確認したほうがいい。

WATASOON
WATASOON

井上陽水さんが全曲解禁になったらうれしいです。

まとめ

流行の曲を聴きかじりたい人、聴きたい曲がたくさんあり過ぎていちいち買っていたらお金が続かないという人には、定額制音楽配信サービスはいい。通勤中は音楽鑑賞の時間AppleMusicには毎日お世話になっている。

新規登録の場合、無料のお試し期間が3ヶ月もある。期間内に解約すれば料金はかからない。

Music
7,500万曲をストリーミングできるApple Music。広告はなし。曲をダウンロードできるので、お気に入りをオフラインでも楽しめます。歌詞を見ながら聴けるのも魅力。3か月の無料トライアルから始めてみませんか。
タイトルとURLをコピーしました