小さくてもちゃんと柴。豆柴犬がやってきた

子供たちが「犬を飼いたい」「友だちも飼ってる」「エサをあげたい」と言い続けていたが、「自分のこともできないもんが犬のお世話などできるわけがなかろう」と波平ばりの口調で諭してきた。

かれこれ1年近く、あきらめる様子もなく、ことあるごとに言うものだから、先日、近くのペットショップに「見るだけだぞ!絶対だぞ!」とお約束の前フリを決めて家族みんなでいそいそと出かけてきた。

そしてお察しのとおり、いま部屋の中で生後3ヶ月の豆柴が寝ているという話。

豆柴のマメ知識

豆柴犬という犬種はない?

ところで、豆柴というのは、小さめの柴犬同士を掛け合わせて血統をつないできた犬種のことをいうそうだ。だから豆柴という種ではなく、あくまでも小さめの「柴犬」なのだそう。

代々小さい家系かどうかを証明するために豆柴と血統書に記載されるようになったのはごく最近のことだそうで、つまり「豆柴」か「柴犬」かの違いはサイズだけということらしい。

マンション飼いなどで体長に制約があるような場合、小さい血統であるかどうかは特によく確認する必要がある。

柴犬の顔立ちには2系統ある?

いわゆる「たぬき顔」と「きつね顔」である。「たぬき顔タイプ」は顔が丸いので目がつぶらな感じになったりするのがかわいい。いっぽう、わが家に迎えたのは典型的な「きつね顔タイプ」。鼻先までシュッとした感じが精悍な印象を与える。こっちはこっちで目がクリンとして可愛らしい。

ちなみに「きつね顔」タイプの柴犬は別名「縄文柴」といわれるそうで、その名のとおり、縄文時代から人といっしょに暮らしていたそうだ。なんとなく賢そうに見えてくるから不思議である。

毛の色は4種類ある?

出生確率のレアな順に「黒」「白」「胡麻」「赤(茶)」の4種がある。絶対数が少ないほうが希少であるため、黒柴は価格も高くなる傾向なんだとか。(※出生確率の順は諸説あるようです)

うちの彼女は「赤(茶)」なので、一番よく見かける種類。

ペットのいる暮らし

僕が子供の頃にも犬を飼っていた。今はフードや保険関係も人間並みに整っているんだなあと驚かされた。

支払いや保険加入などの手続き、ケージを買って組み立てたりまではやったが、散歩、餌やり、ブラッシング、トイレの掃除など毎日のお世話はすべて子供たちがやっている。えらいもんで、平日でもちゃんと早起きしてゴハンを作ってくれているので、子供なりにも責任感が生まれていいことだと思う。これから病気をしたり、ケガをしたりするかもしれないが、いろんな場面を通じて、生き物を育てるということを知ってもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました