ノエビアスタジアム神戸が完全キャッシュレス化

ヴィッセル神戸のホーム「ノエビアスタジアム」に観戦に行くと、売店でお菓子や飲み物を買ったり、テンションがあがってグッズを買ったりする。今回発表されたヴィッセル神戸ノエビアスタジアム完全キャッシュレス化は、2019年ホーム開幕戦以降のヴィッセル神戸主催のゲームに限り、現金払いをお断りにするというものだ。

スタジアム内での現金によるやりとりをなくし、お釣りの受け渡しなどを簡略化するスマートスタジアム構想と銘打ったこの取り組み。なんだかんだうまいなあと感心させられるのが楽天決済の普及・拡大に狙いを持っていってるところ。

グランドスポンサーの楽天

ユニフォームの胸に大きく入っているRakutenのロゴ。ヴィッセル神戸のグランドスポンサーは、楽天である。イニエスタ効果がもたらした楽天のイメージアップに続き、今回のスタジアム完全キャッシュレス化が定着すれば、楽天グループにとってもメリットの大きい施策のように思う。

ちなみにプロ野球の楽天イーグルスのメインスタジアム「楽天生命パーク宮城」でも同様の取り組みが行われるようだ。

スマートスタジアム構想の中身

なにがうまいかというと、楽天の電子決済をメインに利用させようという点。今後、ノエビアスタジアムで買い物をする場合は、

・楽天カードなど(クレジットカード決済)※楽天カード以外のクレジットカードも可
・楽天ペイ(アプリによるQRコード決済)
・楽天Edy(プリペイドカード決済)
・楽天銀行など(デビットカード決済)

での支払いのみとなる。

お客さんのメリットとしては、グッズ購入時に10%の楽天スーパーポイント還元があったり、ビールやソフトドリンクが100円オフになるなどの特典があること(いずれも楽天ペイ決済の場合)。これらの決済手段を持っていない人には、スタジアム内で現金をチャージすることができる楽天Edyカードをレンタル。

このタイミングで新しいヴィッセル神戸デザインの楽天Edyカードも発表されている。

WATASOON
WATASOON

左から2番目の「マスコットキャラクター・モーヴィ」のデザインがいいね。

まあ、ヴィッセル神戸を応援したい気持ちから多くのヴィッセルサポーターがすでに楽天カードを持っていると思われる。楽天カードを持っていれば、楽天ペイも楽天Edyもすぐに始められるから、この人たちはほぼ問題なくスマートスタジアム構想を受け入れるだろう。

また、ただでさえ楽天経済圏とよばれるポイントの使い勝手の良さで、全国的な普及率も高い楽天カードであるから、アウェーのサポーターもノエビアでは楽天カードで決済してもらえることだろう。これでうまくいくなら楽天側に他社の決済方法を採用するメリットはないと思われる。

楽天経済圏の真骨頂

スポーツビジネスへの投資には大きなお金がかかるんだなあ…とチームの補強に必要な選手の獲得金額をみて思った。楽天はスター選手を獲得し、チームの人気を上げつつも、投資金額の回収をこのような形で実現するわけだ。それができるのも楽天経済圏とよばれる楽天グループの各種事業がベースにあるおかげ。

なかでも楽天スーパーポイントはリアルでもネットでも使えるところが多く、現金同様の価値として解釈することができる仕組みである。

楽天カードで決済してもらうことで楽天の母体ビジネスをさらに飛躍させる。絵に描いたような「お金がお金を生む仕組み」のように思う。

(追記)
地域情報誌「シティライフ阪神・神戸版(2019年1月号)」には、楽天と神戸市が地域の活性化推進のため、連携協定を結んだとの記事があった。地域のキャッシュレス化決済のさらなる普及や、区役所業務でのAI技術の活用などにも取り組んでいくそうだ。ノエスタに留まらない楽天・三木谷会長の仕掛け。楽天と神戸市行政の取り組みは今後活発になっていくようで、記事を読む限り、かなりガッチリと手を組んでいる印象。いろんな意味で、街が元気になっていくのは単純に楽しみである。

タイトルとURLをコピーしました