コンセントタイプのモバイルバッテリー

モバイルバッテリーは必要?

iPhone8を使っている。メールを見たり、ニュースを読んだり、LINEをしたり。普通に使ってるつもりだが、1日終えて家に帰るころにはバッテリー残量は大体50%を切っている。

スマホのバッテリーが減ってくると「なんか落ち着かない」あの不安感は何なんだろうか。災害時など、充電できなくなることも考えると、モバイルバッテリーは必要かなあということでいろいろ迷ってアンカー(Anker)製品のPowerCore Fusion 5000を買った。

コンセントタイプで充電できる簡単さ

家の壁についているコンセントに刺しておけば充電ができる明快なコンセプト。いろいろとコードをつなぐ必要がないのでシンプルでいい。


コンセントにつなぐか、本体についている丸いボタンを押すと、3つある青いLEDランプが点灯して充電状態を教えてくれる。3つ光ればフル充電。2つなら66%未満。1つなら33%未満なんだそう。

とりあえず、PowerCore Fusion 5000を壁のコンセントに刺して、フル充電(ランプ3つ点灯)させる。

ライトニングケーブルは付属されていない

フル充電されたPowerCore Fusion 5000とiPhone8を接続したいのだが、PowerCore Fusion 5000を買っても、iPhoneと接続するためのライトニングケーブルはついていない。なので、iPhoneを買ったときについている標準のライトニングケーブルを使う。

充電済みのモバイルバッテリーとライトニングケーブルでiPhoneをつなげば、給電が始まる。iPhone8なら「1回分」のフル充電が充分に可能だ。

モバイルバッテリーとiPhoneの同時充電が可能


家の中ではこういうつなぎ方が普通だろう。この場合、優先してiPhoneから充電される。iPhoneが満タンになれば、その次にPowerCore Fusion 5000が充電される。

両方を同時に充電して、出かけるときはモバイルバッテリーごとコンセントから抜いて出かける。これが便利でいい。

ちなみにPowerCore Fusion 5000には二つのUSB接続口がある。たとえば、iPhoneとiPadの2台同時充電も可能だ。またMicroUSB端子も一つ付いている。

アンカー製品のデザイン性

PowerCore Fusion 5000は、持ち運ぶときはコンセント部分が折りたためるので非常にスッキリする。サイズはクレジットカードと大体同じサイズ感。これはアンカーの公式サイトに書いてあるとおり。

ただし、当然、厚みがあり、重量も見た目のわりにずっしり感がある189g。だが、大きさ自体がコンパクトなので、小さいけどやってくれそうといった感じの重みである。

一方、デザイン性は「さすがアンカー!」と言いたくなる仕上がり。デカデカとメーカーロゴをつけるとか、ボディの設計上のつなぎ目とか、イケてない製品はとことんイケてないものだが、アンカー製品は安定した美しさである。選べるカラーは白と黒と赤。ケーブルが白なので本体も白にした。

表面材質は、つやつやのプラスチック感ではない。ややザラつき感があり、なんというか、すべすべ、しっとりとした肌触りだ。

使用中、熱はほとんど持たない。よくモバイルバッテリーの発火事故などがニュースで取り上げられているが、アンカーは製品の品質においても悪い噂を聞かないメーカーなので安心して使える。

Anker 公式サイト

持ち運び時には短いライトニングケーブルがいい

買ってからしばらくは、iPhoneにもともと付いていたライトニングケーブルを使っていた。しかし、このApple純正ケーブルは長さが1メートルあり、くるくると丸めても、PowerCore Fusion 5000本体より大きくなってしまう。

PowerCore Fusion 5000を買うと専用の収納メッシュケースが付いてくるのでだが、1メートルケーブルだとこれに入らない。外に持って出るときには短いライトニングケーブルのほうが便利だろう。

そこで、ネットで「短いライトニングケーブル」と探したところ、けっこう種類は豊富にあった。その中から長さ10cmの製品を取り寄せた。

短いケーブルは持ち運び時の携帯性において魅力があるが、もしも出先で充電しながらiPhoneを操作したいとなると少し長めのケーブルのほうがいいと思う。モバイルバッテリーをポケットやカバンに入れたまま、そこからiPhoneまでケーブルを伸ばすには、少し長めじゃないとできない。

モバイルバッテリーは簡単かつコンパクトなものを

これ以上荷物を増やすのは嫌だったのだが、外出先でのiPhoneのバッテリー切れはつらいものがある。さらに使い方において、あれこれシーンを想定しなくていい簡単さもモバイルグッズには大切。

できるだけコンパクトで難しいことを考えなくて済む選択をしたつもりの今回のPowerCore Fusion 500010cmのライトニングケーブル

コンセントがあれば充電ができるため、会社や宿泊先のホテルなどでも簡単にバッテリーを補給して、携帯できるようになった。外出時、iPhoneのバッテリー切れに気を使わなくて済むのはとても快適なのである。

 
タイトルとURLをコピーしました