ミニマルデザインが美しいMYNUSのiPhoneケース

先日、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたことで、今のiPhone8をできるだけ長く使い続けたいと思ってる。基本、iPhoneは裸で使う派だが、本体を守るという意味でのスマホケースを買った。

背面カメラの出っ張り部分が気になるiPhone

Apple 公式サイトの画像より

iPhone6あたりから背面のカメラが本体より少し飛び出ている仕様になった。以降、新機種が出てもひっこむことはなく、最新のiPhoneXSなどでも数ミリだが出ているデザインだ。

机の上にiPhoneを置くとカメラが先に接地してしまうので、本体がガタガタしてどうにも気になる。ということは当然、カメラレンズに負荷がかかっている状態。また、カバンやポケットに入れているときなども、カメラレンズにものがこすれていることが想像できる。

Apple公式のiPhoneケース

それがイヤで、iPhone6のときに、Apple純正品のカバーを買ったことがある。Apple純正品ということで、フィット感もばっちり。シリコンかレザーか選ぶことができ、シリコンのほうを買った。カメラレンズより厚みが出るため、レンズが直接どこかにあたるということは防止できるものだった。

今回もApple純正品にしようかと思ったが、値段が6,000円くらいとちょっと高い。しかも一回買ったことがあるからいまいち新鮮味に欠けるという思いもあった。

「MYNUS」のiPhoneケース

Amazonで探していたところ、たどり着いたのがMYNUSというブランドのケース。そのコンセプトやこだわりの部分に惹かれたのだ。

極限まで削ぎ落としたミニマルデザイン

MYNUSという名のとおり、デザインのコンセプトは「引き算」となっている。余計なものをとことん省いていく考え方は、シンプルを通り越してミニマルなデザインです。ブランド名すら入れないのは個人的にすごく共感できる。もう引くものがないゼロの状態である。

最大の特徴はそのフィット感。カメラレンズやスピーカーの位置に対してミリ以下の精度でアプローチしている。

カラーは、白と黒が選べる。どちらも光沢感のないなめらかな表情。僕は黒を選んだ。

スベスベしっとりな感触

エラストマーという素材だそうだが、これについてはいろいろなサイトを見てみたところ、化学用語などが難しく語れるレベルまで理解できなかった。

触ってみた感想として、少し硬めのゴムのような柔軟性がありながらも、スベスベしっとりしていて気持ちいい肌触りは、悪く言えば滑って落としそう。その反面、指紋や手の脂汚れがあまり目立たない。なんとなく清潔感が保たれている印象を受ける。

人に写真やウェブサイトを見せるために、iPhoneを手渡したりするときも気を使わなくて済む。

つけたくない人のためのiPhoneケース

iPhoneのデザインをそのまま持ちたいという人はきっと裸で使っていることと思う。

でも何かの理由でiPhoneを保護しないといけない場合、今回のMYNUSのケースはおすすめできそうだ。「そもそもがそういう形のスマホ」に見える。それは、カメラやライトの位置をミリ単位で正確にカバーできているから。もちろん、カメラが飛び出ている問題も解消されている。

価格は4,000円前後。ほんとはケースなんてつけたくないけど、iPhoneが指紋でベタベタになるのはイヤ、レンズ部分を気にせず机に普通に置きたいなどの要望にはぴったりなのではないだろうか。

つけているんだけどある意味つけていないように見えるMYNUSのケース。

 
タイトルとURLをコピーしました