風景からスナップまで使える高画質レンズ OLYMPUS ED12mm F2.0

カメラのレンズ。いいものはそれなりに高額で、頻繁には買い足せない贅沢品。でも、とくに単焦点レンズは楽しいし、画質もいいので好んで持って出かけている。

カメラはOLYMPUS PEN F。8年越しのPEN E-PL2の調子が悪くなってきたときに、お店で触って気に入ったカメラが「PEN F」。単純にデザインがかっこいいなと思って(値段は見ないようにして)ボディ単品を買った。これにマイクロフォーサーズならではの小さな単焦点レンズを着けて、普段のカバンに入れて持ち歩いている。

これまで単焦点レンズは2本持っていた。やや広角よりで便利なので普段使いしているOLYMPUS 17mm F2.8(通称:パンケーキレンズ)と、家族や犬などを撮るときは換算50mm相当の標準域レンズPanasonic Leica 25mm F1.4。

それぞれにレンズの特徴はあるが、それなりに用途を決めて楽しく使い分けていた。だけど、あるときからもう少し広角で撮りたいと思う場面が増えてきた。風景や建物、あるいは室内など。普段何気なく撮るものって大体こういうものが多い。

そこで、前々から気にはなっていたけど、ちょっと高いなあということで見送ってきたレンズ。それが今回買ってきたOLYMPUS ED12mm F2.0。

PEN-F + ED 12mm F2.0

PEN-F + ED 12mm F2.0

PEN-F + ED 12mm F2.0

PEN-F + ED 12mm F2.0

17mm F2.8パンケーキを使っていたことで17ミリの画角は理解していたが、12mmとなると想像以上に広く映る。17mmと12mmの画角の差は結構あるものだと実感した。ただ、遠すぎるなあと感じるときは寄ればいいわけで、ひくことよりも寄ることのほうがいろいろなシチュエーションで現実的な気がしている。広いことは僕の場合はメリットだと感じている。

さらに17mm F2.8パンケーキと比べた場合、単純に画質の良さが際立っている。レンズの明るさの違いだけではない、なんというか透明感とか鮮度感みたいなものが圧倒的に高い。Adobe Lightroomに取り込んでみると違いが顕著にわかるのだ。

あとは、F2.0というレンズの明るさはどうなのか。これは夜のシーンでも手持ちでブレずに撮影できるといえる。PEN F本体の手ぶれ補正機能が効いているのかもしれないが、暗いシーンでも手持ちで撮れる気楽さはうれしい。

Panasonic Leica 25mmは、F1.4の明るさで背景のボケ、描写力の高さともに満足度はもともと高かった。クリアでシャープな画質で、ボケも大きく美しい。

PEN-F + Panasonic Leica 25mm F1.4

今回のOLYMPUS ED 12mm F2.0が加わったことで、写真撮りますよっていう日はPanasonic Leica 25mm F1.4とOLYMPUS ED12mm F2.0の2本持ちで出かけることが多くなった。

タイトルとURLをコピーしました