キャッシュレス社会への戸惑い

国をあげて推進しているキャッシュレス社会。いま持っているクレジットカードを見直したり、便利でお得な電子マネーを調べたり。僕も几帳面な性格ゆえ考え出すとかなりこだわれると感じるものだから厄介でもある。

人によっては、メインバンクが○○銀行だから。よく行くコンビニが○○だから。マイルを貯めるのが生き甲斐だから、などなど。お金に関する考え方は人それぞれ千差万別であり、それがその人の消費傾向となっている。

とにかく自分のお金との向き合い方を棚卸しして、いちばんフィットする最大公約数を考える。ここでいうフィットとは、使い勝手だったり、ポイントのお得さだったりするわけだが、キャッシュレスが進む中で、そんなことをいろいろ考え始めている人も多いのではないだろうか。

状況整理、仮説を立てる、実行する。これは立派なデザイン的思考。

僕もかなりあれこれ試してみたけど、とりあえず来たるキャッシュレス社会への対策は計れてきたと思う。いろんなお店でピッとかシャリ〜ンとやるのはなかなかおもしろい。

個人的にはキャッシュレス問題の前に、マネーレス問題をどうするのかというそもそもの難題が残っているのだが。

タイトルとURLをコピーしました