陰翳礼讃で日本の美に触れる

本書では「なぜ日本人は陰翳(うすぐらいかげ)が好きなのか」という大前提に基づいて、日本の美に対する考え方を解体している。

著者・谷崎潤一郎氏の鋭い考察力と整然と紡ぎだされる語りが心地いい。全編を通じて、日本の建築や工芸品(広義の意味での日常の文化)は薄暗い場所でこそ、その美しさが際立つように設計されているという。

独特の谷崎美学に添えて、より深い気づきを与える本書のビジュアルは写真家・大川裕弘氏によるもの。「空気を撮影する写真家」と称されるその人の絵づくりには、薄暗さの中にさすわずかな光で繊細な日本の美を表現している。挿絵的に使われている写真だけを眺めていても楽しい。

Amazon 商品紹介画像より

実は「陰翳礼讃」はかなり以前に学校の図書館で読んだことがあった。その後、デザインの仕事に就いてながく経つが、昨年あたりに写真付きのビジュアルブックの体裁で再発売された本書を買ってきて読んでみた。寝る前の10分。部屋の明かりを少しだけ落として、梅雨の雨音を聞きながら贅沢な時間を楽しむ。

デザイン従事者はもちろん、建築家、写真家、音楽家、美術系の学生、必読の書という前置きに疑う余地はない。

タイトルとURLをコピーしました