手ぶら主義者のジップカードケース

新しい財布を買った。
いや、これを財布と呼ぶのかどうかはわからない。「お札」をきちんと収納する場所、機能が省かれているからだ。しかし、これが今の自分のライフスタイルにおいて、財布の用途をじゅうぶんに果たしてくれるものだった。土屋鞄製造所のウルバーノジップカードケース。

「4枚分のカードスロット」と「ジッパー付きの収納スペース」だけで構成されたシンプルな革製品。

以前は同社のウルバーノジャケットパースを使っていた。そのときの記事にも書いたのが、時代はいよいよキャッシュレスに向かっているようだ。ジャケットパースもかなりミニマルな財布で、こと支払いに関してはこの財布に収まるだけのものの量で暮らしていきたいと思い使っていた。それが最近では、まだまだ持ち物は省くことができる、もっとコンパクトに収めたいという感覚になってきて、今回のジップカードケースを試すに至った。

・クレジットカード×2枚
・交通系ICカード×1枚
・仕事場のカードキー×1枚
・免許証×1枚
・鍵×1個
・1万円札×1枚
・1,000円札×1枚。

これらすべてを収めて持ち歩くことができている。

これに加えてiPhoneだけは必ず持っていないとやっていけないのだが、逆にそれだけ持っていればそれほど困る場面には出くわさない。

カバンを持たなくて済むことで、フットワークは軽くなり疲労も軽減される。少ない持ち物で出かけるのは本当に身も心も自由になる。

土屋鞄の革製品は相変わらずとても満足できる。

土屋鞄製造所 — 上質な革で仕立てる、日本製の鞄
鞄職人の確かな手仕事で仕立てる、上質なレザーアイテム
タイトルとURLをコピーしました