特別感のある新ユニフォーム

2020年シーズンのヴィッセル神戸の新ユニフォームが発表された。

他のチームにはあまり見られない、独特な派手さと大胆な色づかいが特徴的なデザインである。
どこか欧州のクラブチームのようなテイストで、これは着る人を選ぶデザインではないだろうか。事実、これに袖を通す選手たちは、イニエスタ、ビジャ※、ポドルスキ、フェルマーレン。日本人でも国内トップクラスといわれるビッグネームの選手たち。

勝てば革新的かつ先進的と称えられそうだが、負けてしまえば客寄せピエロと言われかねないデザイン。良くも悪くも特別感のあるユニフォームだ。

スター軍団らしい夢のある確信犯的なデザインではないか。ファンのひいき目なしにしても、つまりこれはイケてるコンセプトのデザインといえそうだ。

2020年はオリンピックイヤー。近年では類をみないほど国内でもスポーツが盛り上がる年。これくらい賑やかなデザインでちょうどだろうと思う。

※ビジャは今季限りでの引退を表明しているため、2019年のホーム最終戦のみ着用したことになる。来季もこのユニフォームを着て活躍する姿をみたかった。

タイトルとURLをコピーしました