iPhone12 mini ケース MYNUSのクオリティ

MYNUS(マイナス)というブランドのiPhoneケースの話である。同ブランドのiPhone8用ケースに続き、iPhone12 mini用のケースを買ったので書いてみる。

グラフィックでもウェブサイトでも、またはファッションやプロダクトの世界でも、デザインにおいてシンプルというコンセプトは非常に強力なベクトルである。対象の魅力をすっきりと端的に引き立てる表現であるから、嘘を感じにくく誰からも好感を得られるのだろう。

デザインとは、対象の価値を高めるためにあれやこれやと装飾を付け足すことではなく、対象のもっとも魅力的なポイントを引き出し、できるだけ遠くまで届けるように表現する試みであることから、時に「デザインは引き算で考えよ」と論じられたりする。

MYNUSのプロダクトデザインはその名のとおり「引き算」をコンセプトにしている。そもそもプロダクトとしての美しさが魅力のiPhone。MYNUSはiPhoneのデザイン性を損なうことなく、ただ保護するための存在として、ケースからは過剰な装飾を削ぎ落としている。もっともそうしたコンセプトのiPhoneケースは他にもある。例えばApple純正のケースなどがそうだ。

しかし、MYNUSのケースが本家Apple純正より優れていると感じるのは、iPhoneのウィークポイントには足し算の発想を施している点だ。ウィークポイントのひとつは背面のカメラ部分である。画質の向上のために取り付けられた二つないし三つの物々しいレンズ。さらにこのレンズ周りには謎の台座のような四角に隆起したプレートがある。

Apple純正ケースのように、プレートの形に沿って四角にケースを切り抜くことも素直な引き算の発想だと思うが、MYNUSのケースはこのプレートを隠すという発想的足し算を行なっている。これによりそもそもこういうデザインのスマホなのだと錯覚させるほどの高いクオリティを実現している。

iPhoneは裸でもつ派なのだが、Apple純正のものと、このMYNUSのケースには毎回お世話になっている。

いつもはブラックを選ぶのだが今回ははじめてマットホワイトにした。さらなるシンプルの高みを目指して壁紙も白にしてみた。美しい佇まいで、今はこれがお気に入りなのである。

 
タイトルとURLをコピーしました