AppleMusicが空間オーディオの提供をまもなく開始。サンプル音源がいい感じ。

Apple Musicで提供されている7,500万曲以上の楽曲を高音質のロスレスオーディオ形式で。数千曲をドルビーアトモスによる空間オーディオ形式で。現行の定額料金のまま(追加料金なし)で、6月から提供するとのこと。

このうち、空間オーディオは予告音源がApple Musicアプリ内で公開されていたので、Air Pods Proでさっそく聴いてみた。

音楽に詳しいわけではないが、前後左右、四方八方で音が鳴っている。密閉感が高いAir Pods Proなので、臨場感のある音響効果が楽しめる。

空間オーディオは全曲対応ではないようだが、これからのストリーミング音楽鑑賞はこのクオリティーがスタンダードになっていくのだろうか。いずれにしても毎日のミュージックライフが楽しみになる。

そして、Appleはいいイヤホンをみんなに買ってほしいと考えているわけだ。ソフトを充実させてハードに誘(いざな)う。これもビジネスにおけるAppleクオリティーなのだ。

ロスレスオーディオは、現在Appleから発売されているイヤホン、ヘッドホンではそのクオリティーを享受できないらしい。ご注意を。

 

タイトルとURLをコピーしました