Apple純正レザーケースの上質感。装着時のカラーリングで選んだサドルブラウン。

今回はApple純正のレザーケースについて。

言うまでもなく、革製品がもつ風合いは上質な印象を醸し出す。Appleの純正レザーケースも例外ではなく、モノとして美しく、触るたびに気分が上がる。

細かいところを写真多めで見ていきたい。

ケース内側の背面にはスエードを裏張りしており、iPhone本体を傷つけない。

iPhone四隅のカーブする部分では革がしぼられてシワになっている。個人的にはこうした部分の風合いが革製品の醍醐味だと思っていて、触るたびに気持ちがいい。

音量ボタンの部分は面取りされた硬質な素材。指の腹が触れる面はつや消し処理されている。

ケーブルとスピーカーの部分はくり抜かれている。もっともほこりが溜まりやすい部分である。

液晶面に厚さ0.33ミリのガラスフィルムを貼っているのだが、ケースとフィルムの隙間にもほこりが溜まりやすい。

電源ボタンも音量ボタン同様の佇まい。

カメラまわりもジャストフィットでくり抜かれている。フチの素材はなんだろうか。プラスチックっぽい。

いろんな角度から写真を撮っていたところ、レンズが綺麗に撮れたので掲載してみた。

背面のリンゴはエンボス処理されている。このさりげなさがいい。

僕はiPhoneは毎度ブラックを買うが、それに一番フィットするカラーがこのサドルブラウンだと思っている。ブラックとブラウンは性別を問わず、高級感と落ち着きを醸し出すいい組み合わせだと思う。もちろん本体がブラックやホワイトの無彩色ならある程度どんな色のケースを合わせても悪くはない。そんなことも考えて毎度のブラック一択でもあるのだ。

まだまだ使い始めて間もないので、革特有の味わいもなく表情も綺麗なものだが、使っているうちに味が増してくるのもレザーの魅力のひとつだと思う。

 
タイトルとURLをコピーしました