テレビをやめてプロジェクターに。Anker Nebula Capsule II で100インチシアター体験

テレビがある日常を見直した

家にはテレビが2台あるが、1台を片付けた。観たい番組が減ってきたことが一番の理由。あとは、意味もなくつけている騒々しさがたまにストレスだった。観たい番組だけ観るようにして、できるだけ静かな環境でやるべきことに集中できる家にしたいと考えた。
とはいえ、子供の頃から家にあって当たり前と疑わなかったテレビ。もしかするとやっぱり必要と思うかもしれないので一旦は処分せずに片付けるという手段をとった。

映画やサッカー中継は思いきり楽しみたい

毎週のお楽しみはダゾーンでサッカーを観ること。たまに映画や海外ドラマも観たいこともある。これらはテレビ放送ではなくネット配信のコンテンツなのだから、映し出すための装置はテレビである必要はない。テレビをやめてみるという考えの背景には、映画やサッカーをテレビよりも大きな画面で楽しめないかという思惑もあったのだ。

プロジェクターの可能性

100インチくらいの大画面テレビを買うことは値段も置き場所も大きな問題になる。そこでプロジェクターという選択である。部屋の壁いっぱいに映すことができればなんて贅沢なことだろう。

Anker Nebula Capsule II

以前から目をつけていたプロジェクターは「Anker Nebula Capsule II」。比較的お手頃価格でありながら、美しい映像、かつコンパクトなプロジェクターとして話題になっていた。貯まりに貯まった楽天ポイントを使って買った。

デザイン

会議室などでみかけるプロジェクターと比べるとずいぶんとコンパクト。500mlのアルミ缶より小さく、360°の円柱スピーカーから成る佇まいは端正である。テレビを置いたときの占有面積と比べると雲泥の差。

操作

専用リモコンか、リモコンの代わりになる専用アプリで主な操作を行う。プロジェクター本体の天面にも音量などのボタンがある。

入力

Android TVが搭載されているので、ログインすればダゾーンをはじめYouTubeやAmazon primeなど契約している各種サービスにアクセスできる。
もう一つの方法はHDMIケーブルによる有線接続。iPhoneやパソコン、ビデオカメラを有線でつなげば、その画面で見ているものが投影される。電波も安定する気がするので僕はiPhoneをつないで観ることが多い。

出力

ロールスクリーンは持っていないが、白い壁ならじゅうぶん綺麗に映って不満はない。プロジェクターを壁から3メートルほど離して投影すると大体100インチくらいになる。少し画質はボヤけるが、観るほうも少し離れて観ることになるので意外と画質の劣化は気にならないと思う。
あとプロジェクターといわれて忘れていたがAnker Nebula Capsule IIはスピーカーの音質もいい。音楽を聴くだけのスピーカーとしても及第点だと思う。

特徴

モバイルできることは大きな特徴。充電しておけば電源ケーブルを抜いても2.5時間くらいは使える。いつもと違う部屋で観たい時や、電源が確保できない屋外で使うこともできる。モバイルバッテリーを得意とするAnkerらしいモデル。
他にも、自動ピント調整や台形補正などもついている。気軽に使えるというのがコンセプトとして貫かれている。

いろんな場所でいろんなコンテンツを映してみた

リビングでは、ドリンクや食べ物を用意してスポーツバーの雰囲気を再現。安上がりながらも贅沢な時間を満喫できる。
子供部屋では、映画やAppleTVの教養系コンテンツを。
寝室では、YouTubeの環境映像などのチャンネルで旅館に来たように安らぎの空間を(笑)

いろんな場所で好みのコンテンツを楽しめるのはモバイルプロジェクターならでは。部屋の壁いっぱいにスポーツや映画、癒しの映像を楽しむ。気軽にシアター気分を味わえるお手軽プロジェクター。テレビを観ないときはこれでいい。

 

タイトルとURLをコピーしました