多分もう誰も真似できない名作

初代トップガンから36年を経て公開された続編「トップガンマーヴェリック」を観てきました。僕はとても楽しめたので書いてみます。(以下、ネタバレを含んでいますのでご注意ください。)

前作は戦闘機乗り・マーヴェリックが、才能ゆえの傲慢な姿勢から事故を起こして相棒を失い、けれども挫折や苦悩を乗り越えて成長するという天才の天才たる所業を描いた作品でした。

今作でもその腕は衰えておらず、トップガン屈指のエリートパイロットたちも伝説化したマーヴェリックには太刀打ちできません。挙げ句には自身が描いた今作のミッションの実現可能性を示すために実践さながらのお手本飛行を見せるんですけど、もうひとりでやったらええやん…とつっこんでしまいたくなる完全無欠ぶり。才能は輝き続けるというスタンスの作品です。

迫力の戦闘シーンや音速の空にいる緊張感はいうまでもなく見事に描かれています。手はびしょびしょですし、息苦しくなるほどです。

作品のメッセージ性という意味で、今作でもっとも印象的だったのは、マーヴェリックが2回も飛行機から落ちているという描写です。開発中の機体でマッハ10を超えたときと、敵機の攻撃から亡き相棒の息子を守ったときの2回。マッハ10超えでの墜落は前作同様自身の傲慢と取れますが、2回目は(亡き相棒の代わりとしての)父親としての慈愛もしくは鎮魂でしょうか。この2つの墜落の意味はちょっと対照的です。

どっちにしても、絶対的ヒーローが落ちるところを描くのかと思いながら観ていたんですけど、あとでよくよく思い返せば、ロマンスのときには家の2階から落とされていましたし、バーから放り出されたときも砂浜に転げ落ちていました。こういう含みを見つけると、作品のメッセージ性をより深く味わうことができるような気がします。

つまりは、よく落ちるけど、それでも飛んでいる。人生はうまくいかないけど、それでも生きている。そんなことを暗に伝えているのではないかと推察するわけです。

年を重ねるとちょっと茶目っ気があるほうが人間味があっていいし、それが大人の余裕とも感じさせます。初代トップガンでカッコつけ倒していた雰囲気とは異なるおふざけ要素が随所に見られることも、現在のトムクルーズを描いているのでしょう。

こうした描写にも、わずか数年後に公開される続編ものとは決定的に違う意味が宿るように思います。役者もスタッフも観衆も、それぞれの人生の中で歳をとりました。リアルに36年の時間を生きてきた人間の再会に、語りかける距離感といいますか、言葉の不要性といいますか。みんなならわかるよなという作り手の肌感覚が心地いいのです。

ならず者国家ってどこなのか。(相棒の)息子を後席に乗せてあの頃を再現するためにF14を引っ張り出してきたとか。そういうのは大したつっこみどころではなく、僕らの青春グラフィティ万歳。心を揺さぶるために必要不可欠な要素なのだと目を瞑れるのです。

僕はF14がボロボロで帰還した姿に泣きそうになりました。このシーンにトムクルーズを重ねているというと怒られそうですが、そう、人生は疲れるんだよなあと。

ジェットエンジンを轟々と炊いて国と国が争う映画です。SDGsとか時期的にいろいろ難しいこともありますけど、こんな時代だからこそ映画なんてのはこういうのがいいです。初代から今作まで、リアルタイムで観られた時代に生きていてよかった。トップガンがトムクルーズなのであり、トムクルーズだからトップガンなのです。

難しいことはなしで最高の娯楽であったこと、かつ36年という時間を味方につけた、猛々しくも清々しい名作です。

タイトルとURLをコピーしました