犬の鑑札デザインは地域ごとに個性的

市区町村への犬の登録

厚生労働省が定める「狂犬病予防法」に基づき、生後91日以上の犬を飼い始めた場合には、住んでいる市区町村に登録をしないといけない。登録した証拠として保健所の窓口で交付(または郵送)されるのが犬の鑑札と注射済票である。

これを首輪に付けておくことで、万が一、犬が迷子などになった際、飼い主への連絡手段として機能するそうだ。この仕組みは意外と知られていないらしい。

僕はマンション住まいのため、管理組合に提出書類を出す際に知った。犬を飼ったら忘れずに住んでいる役所で登録しておこう。

登録の仕方

忙しくて役所に行けない人は厚生労働省のサイトから申請用紙をダウンロードして記入。必要書類と一緒に郵送でも手続き可能である。だいたいどこの市区町村でも郵送による手続きは可能なようだ。以下は神戸市の場合。

神戸市:飼い犬の登録と狂犬病予防注射について
神戸市自治体サイト

ということで、わが家もさっそく郵送で申し込んだ。後日、役所から手数料の振込用紙が届いた。鑑札3,000円、注射済票550円だった。振込後、1週間ほどで犬の鑑札と注射済票が届いた。さっそく首輪につけた。

地域ごとに個性のあるデザイン

神戸市の犬の鑑札は、波止場でボーダーシャツを着た洋犬が風を感じているようなデザイン。また、注射済票のほうはシンプルと思いきや、裏面はこんな感じ(下の写真)になっていた。

どちらもご当地感があってかわいい。


これらのデザインをした人のコメントが神戸市のサイトに載っていたのでリンク。さらに他の各地域のデザインが気になったので検索してみたところ、厚生労働省のホームページに全国の一覧が出ていた。プラスチック素材やポリエステル素材のリボンタイプなどもある。

ちなみに、関西の政令指定都市はこんな感じ。

愛犬にはかわいいものを

犬が身につけるもの(リードやウェア)は飼い主のこだわりも強く出るので、このようにデザイン性があるものだと身につけてもらいやすくなりそうである。しかし、仮にデザインがいまいちだったとしても、この鑑札はとても大切なものなので、しっかりと身につけておく習慣をつけないといけない。

万が一の時のために

というわけで、マンションにも、行政にも、登録が完了した。鑑札をつけていることで、万が一、行方不明になった場合でも、保健所などで保護されると、登録住所に連絡が来るようになる。

もしも鑑札などの身元がわかるものをつけていなかった場合、飼い主が街中を探し回ったり、貼り紙で情報を集めたりすることになる。鑑札があれば、誰かに保護さえしてもらえれば帰ってくる確率は高くなる。

とはいえ、第一は、迷子や家出をしないように日頃から気をつけるのが大切ということはいうまでもない。

タイトルとURLをコピーしました