紙に描く感覚を実現するペーパーライクフィルム

デジタルで絵を描くことが普通になってきた昨今。手軽さという点において、iPadとApple Pencilは最高の組み合わせだと思います。

いっぽうデジタルの難点として、ペン先がすべって描きにくいという不満があります。

Apple Pencilのペン先はプラスチックで、iPadの画面はガラスのため、摩擦が少なすぎてペンがすべる。慣れれば多少は解決するかもしれないけど、アナログの「鉛筆と紙」の関係と比較すると、どうしても描きにくいというのが正直なところです。

そこで試してみたのがiPad用ペーパーライクフィルム。この商品のキャッチフレーズは「紙のような描き心地」。実際に貼ってみると、iPadの表面が少しザラザラした感触に変わります。これにより、Apple Pencilのペン先に少しだけ抵抗が生まれ、すべりがかなり軽減され、まさに紙に描いている感覚に近くなりました。そのぶん、ペン先のプラスチック部分の摩耗が早くなるかと心配もしましたが、思いのほか大丈夫なようです。

映り込みの少ない反射防止タイプになっていることもうれしい点。

いっぽう、iPadを指で操作する場合は、少しザラつきのある感触に違和感を覚えるのですが、しばらくすると気にならなくなりました。

Apple Pencilでの操作性を優先するのであれば、ペーパーライクフィルムの選択は大いにありだと思います。

タイトルとURLをコピーしました