Apple純正シリコーンケースは気軽な使い心地が魅力。今後のMagSafe対応アイテムが待たれる

前回、究極のシンプルさが魅力のMYNUSのiPhoneケースのことを書いたが、しばらく使っているうちにiPhone12シリーズから搭載された「MagSafe」の機能をもっと使いたいという欲が出てきた。

MYNUSのケースは申し分ないほど気に入っているのだが、MagSafeの機能をフルにつかいたいという場合には適さない。

そこで今回は、MagSafe対応のApple純正シリコーンケースについて見ていきたい。

ちなみに、MagSafeについてはApple公式サイトに詳しい記載がある。要は、iPhone12シリーズの本体には磁石が内蔵されていて、ケース、充電器、モバイルバッテリーなどのアイテムを磁力でピタッとくっつけて、より便利に使おうというものである。

iPhone12miniの発売と同時に買ったシリコーンケース。色は新色のプラムにした。J1のヴィッセル神戸のチームカラーであるクリムゾンレッドに近い色ならいいなと思ってAppleStoreで注文したのだが、実際には色は微妙に違った。

このシリコーンケースはさすが純正のクオリティがある。キツすぎずユルすぎず、ギャップがなく完全にフィットしている。

質感はすべすべしていて光沢感はなく、しっとりとした風合いが楽しめる。しかし、手の湿気の状態にもよるが、ゴムのようなひっかかりを覚える瞬間がある。ジーンズのポケットなど、ややタイトなところに入れていると、取り出しにくい場合があるのはデメリットか。

側面のボタン部分はボディカラーよりも濃い仕上げになっている。

ケーブル穴はもちろん、スピーカーもひとつひとつピタリとくり抜かれている。

背面にはリンゴのマークがほどよい大きさで入っていて、Apple好きとしては新品のiPhoneにつけるに相応しい満足感が得られる。

少々ラフに使っても目立った傷などはつきにくい。濡らしたり汚したりしても簡単に拭き取ることができる素材のため、あまり神経質にならずに気軽に使えることも魅力のひとつ。

しかし、シリコーン素材のケースはサードパーティ製でも随分よくできたものがたくさんある。それらと比べた場合、この純正ケースは決して安くはない。

やはり純正ケースの魅力は、MagSafe対応という一点に尽きる。今後、工夫を凝らしたMagSafe対応アイテムが登場した際に対応できることが最大のメリットと思われる。

 
タイトルとURLをコピーしました