iPadが手放せない

iPad、便利すぎる、という話。
手書きも楽しいし、紙のノートを持ち歩くことが減りました。一応、TPO的なことで紙のメモ帳とペンは持ってるんですけど、あんまり使わないですね。使ってもiPadに複写して、そっちでまとめるようにしています。

iPadとMac。どちらか片方だけで完結できたらなあといつも思ってるんですけど。特にiPadを触っているとき。

グラフィックデザイナーという仕事をしている観点から、Macはまだまだ手放せない仕事道具なわけですよ。どんなに値上げされようとも、円安とかなんやねんほんまと言いながら、Appleのサイトの製品ページを見てワクワクするという行事ですね。

それはおいといて、Mac上でAdobeでデザインして、版下作成して、入稿する。こんなことひとつもiPadだけでは十分に行なうことができない。Adobeに代表されるようなグラフィックソフトの成り立ちと業界の環境。それに自分自身の慣れ。まあ、この観点です。(たとえば、iPad版Illustratorはトリムマークをつけられない)

これはグラフィックに限らず、プロダクトやプログラミングなどの分野でも、プロフェッショナルの領域ではみんな似たようなものだと思うんです。それは長年にわたって社会全体がタブレットではなくPCで成熟してきたためですね。

話がそれましたけど、なので、装備という意味でいえば、iPadはなくてもMacがあればグラフィックデザイナーとしてはやっていける、と。

では、なぜ僕はiPadにこれほど依存しているのか。という今日のテーマ。

それはiPadがクリエイティブの補助的な役割を担うのが得意だからなんですよ。補助的。

起動が速い一枚板。さっと使える機動性がMacよりも優れている。
そこに、Apple Pencil。メモをしたり、ラフを描いたりといったノート的な使い方が手書きでできる点は大きな魅力なんです。

それで、僕はこの「手書きできるノート的な使い方」に魅力を感じていてiPadが手放せないという状態なわけです。

Mac(マウスとキーボード)だと手書きほど直感的でスピーディなアウトプットができません。もちろん紙と鉛筆でもいいんですけど、デジタルデータはある意味で管理が楽なので、この部分はもう紙には戻れないなと。

寝転んで動画が楽しめる、電子書籍が読める、調べものがはかどるなどは、iPadのおまけ的なメリットです。Macでもできるので。つまり、Apple PencilとiPadのセットはMacにもiPhoneにもない絶妙な立ち位置に君臨してるんですよ。

いっぽうでMacとiPadの2台持ちがつらいという現実はやっぱりある。ものを多く持つことはストレスかかるし、両方のデータ管理、バッテリー残量なども気にしないといけない。自分でもなかなかめんどくさいことやってるよなあと思うんだけど、まあクリエイティブな分野ではわりとよく聞く話です。そして便利さのほうが勝ってるから長いことiPadも持ち続けている、と。

MacOSとiPadOS。

統合されるとか、それはないとか。かなり昔からいろんな説があるようです。まあ、どうなんでしょうね。iPadも年々進化していますし、これまでMacやPCじゃないとできなかったクリエイティブの作業もさらに敷居が下がってくることは目に見えてますよね。

けど、いまのところ。なにかのプロフェッショナルを目指すなら作業面においてはMacが必要だと思います。プログラマー、作曲家、設計方面などなど。

その作業面において、効率よく結果を出すために、今日もiPadをいじくっているという感じがいいんじゃないかと。

iPadで全部できるようになると、えっもうMacいらんでしょ?まだ使ってるんすか?となったりしたら。それはそれでかなり悲しいと思うわ。